子供服を売りたい、高く売る方法

子供服を売るならこんな方法も!

子供服を売りたいけど、どうやって売ればいいの?

 

 

そんなあなたのために、子供服を売るためのいろいろな方法を紹介します!

 

 

子供服に限らず、洋服などを売る方法として思いつくのが、

 

 

  ・リサイクルショップで売る、買取してもらう

 

  ・宅配買取サービスを利用して買い取りしてもらう

 

  ・フリーマーケットやバザーで売る

 

  ・友だち、知り合いに買ってもらう

 

  ・廃品回収に出す

 

  ・オークションに出品する

 

 

などの方法が思いつきます。

 

 

そのうち、廃品回収に出すというのは、売るという方法とはいえませんが一応トイレットペーパーなどと交換してくれるので書いてみました。

 

 

実際、どの方法にも特徴があってメリット、デメリットというのがありますから、そういうものをしっかりと理解してやってみるようにした方が良いですね。

 

 

ちょっと簡単ではありますが、それぞれの方法の特徴やメリット、デメリットについてまとめてみます

 

 

方法 特徴やメリット・デメリット
リサイクルショップ リサイクルショップによっては、ブランドの服ではなくても買い取りしてくれたり、量り売りというか重さに応じて価格が計算されるので分かりやすいという面が有ります。

 

その一方で、わざわざそのリサイクルショップまで品物を持っていかないといけないという不便さがあります。

宅配買取 宅配買取サービスは、その名のとおり宅配便を使って売りたい洋服などを買い取り業者さんに送り、査定をしてもらって買い取りしてもらうというもので、自宅に居ながらすべが完了するメリットがあります。

 

デメリットとしては、ノーブランドの服など買取をしてもらえないものやブランド品でも年数が過ぎるとかなり買い叩かれるケースもあるという点。

フリーマーケット フリーマーケットは、場所代だけを払いスペースを借りて自分の品物を自由に値をつけて売ることができます。

 

ただ、接客も根付けも自分でやらないといけないし、値切られたり、売れなかったらまた荷物を持って帰らなくてはならない。

友人知人に売る 知っている人なので、快く買ってもらえるケースもあるし、自分の家に来てもらって服を選んで持って帰ってもらえるので手間が省ける。

 

知人だけにあまり価格でムリは言えない。要らないといわれればそれまで。

オークション ネットオークションに出品して、落札者からお金をもらう方法となるので、面倒な価格交渉とかは要らないし、場合によっては市場価格以上の価格で落札されることも。

 

オークションのノウハウがないとなかなか売れないという面も。